ホワイトニングとは歯磨きや歯のクリーニングでは落としきれない歯の着色に対して、ホワイトニング剤を塗布して歯に着色した色素のみを分解して除去する方法です。以前は、歯を白くする方法といえば、歯の表面を削ったり、被せ物をしたり、歯の表面に薄い板状の膜を貼り付けたりする方法などが採用されてきました。
しかし、現在では安全性が高く、歯そのものを白くする「ホワイトニング」が歯を白くする方法として主流になっています。

当院のホワイトニングの種類

ホワイトニングには大きく分けてホームホワイトニングとオフィスホワイトニングの2種類に分けることができます。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニング


ホームホワイトニングとは自宅で専用のマウスピース(トレー)に自分でジェルを入れておこなうホワイトニングです。

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングとは歯科医院で高濃度の過酸化水素水と光照射でおこなうホワイトニングです。

デュアルホワイトニング

デュアルホワイトニング

ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングの両方を合わせたホワイトニングをデュアルホワイトニングといいます。 それぞれのメリット・デメリットや注意点など詳しくご紹介します。

ホワイトニングには大きく分けてホームホワイトニングとオフィスホワイトニングの2種類に分けることができます。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングとは自宅で専用のマウスピース(トレー)に自分でジェルを入れておこなうホワイトニングです。

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングとは歯科医院で高濃度の過酸化水素水と光照射でおこなうホワイトニングです。

デュアルホワイトニング

ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングの両方を合わせたホワイトニングをデュアルホワイトニングといいます。
それぞれのメリット・デメリットや注意点など詳しくご紹介します。

セルフホワイトニングやサロンホワイトニングとの違い

  医療ホワイトニング セルフホワイトニング サロンホワイトニング
メリット
  • ホワイトニング効果の即効性が高い
  • ホワイトニングの持続性が高い
  • 医療用の薬剤を使用する医療ホワイトニングは、本来の歯の明るさよりも歯を白くできる
  • 医学的根拠に基づいた治療のため、安全性が高い
  • 専用の歯磨き粉やマニュキュアを使用するなど、自宅でも手軽にホワイトニングができる
  • ホワイトニング費用が安い
  • ホワイトニングキッドを購入しないでもホワイトニングができる
  • 仕切りが低く歯科医院に行くより気軽に行ける
デメリット
  • 1回あたりのホワイトニング費用が高い
  • フィスホワイトニングは効果が高い薬剤を使用するため、しみる場合がある
  • 歯の表面の白さだけしか改善できない
  • 継続しないと効果が続かない
  • 歯の本来の色よりも白くすることはできない
  • 即効性が低い
  • 続けないと効果が見込めない
  • 施術は自分で行う必要がある
  • 即効性が低い
  • 歯の本来の色よりも白くすることができない
主な種類
  • ホームホワイトニング
  • オフィスホワイトニング
  • デュアルホワイトニング
  • 歯磨き粉
  • 歯のマニキュア
  • マウスウォッシュ
  • LEDライト
など
  • LEDライトによる光照射
1回あたりの費用(税別) 5,000~10,000円 800円~15,000円 10,000円~30,000円
1年間あたりの費用 15,000円~20,000円 5,000円~30,000円 50,000円~150,000円
手軽さ
ホームホワイトニングであれば自宅でホワイトニングができる

自宅でいつでもできるので手軽

サロンに通う手間がある
施術期間
  • ホームホワイトニング:
    1週間~2週間
  • オフィスホワイトニング:
    1回~3回の治療

継続しないとホワイトニング効果を維持できない

継続しないとホワイトニング効果を維持できない
効果実感までの期間
  • ホームホワイトニング:
    1~2週間で効果を感じることができる
  • オフィスホワイトニング:
    1回の治療で効果を実感できる

現状の歯の状態によっても異なるが、10日~2週間程度で実感できる

現状の歯の状態によっても異なるが、10日~2週間程度で実感できる
効果の持続性
  • ホームホワイトニング:
    6~12ヵ月
  • オフィスホワイトニング:
    3~6ヵ月

継続しないとホワイトニング効果を維持できない

継続しないとホワイトニング効果を維持できない

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングは、歯型を採取して作ったマウスピースに専用の薬剤を適量塗布し、1日2時間程度装着しながらホワイトニングを行います。

治療期間

1週間~2週間

※歯の本来の色や、どれくらい歯を明るくしたいかによって治療期間が異なります。

効果の持続性

6ヵ月~1年

※歯の本来の色や食事の内容によって、差が生じます。

メリット

デメリット

オフィスホワイトニング

効果が高い薬剤を使用するため、効果が高い一方で塗布した量が多すぎたり、歯ぐきや唇に付くと痛みを感じることがあり、施術は歯科医師または歯科衛生士が歯科医院内で行います。

治療回数

1回~3回

※1回の治療でも効果を実感することはできますが、歯の本来の色や、どれくらい歯を明るくしたいかによって治療回数が変わります。効果の即効性が高いので、結婚式やパーティーなど特別なイベントに合わせてホワイトニングをしたいという方におすすめです。

効果の持続性

3ヵ月~6ヵ月

※歯の本来の色や食事の内容によって、差が生じます。

メリット

デメリット

デュアルホワイトニング

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用して歯を白くする方法もあり、これをデュアルホワイトニングといいます。
デュアルホワイトニングとは、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの良いところを併用しておこなっていくホワイトニングのことで、即効性があり、色戻りがしにくいないなど非常に良い方法でそれぞれ単独のみでは到達できない白さまで、歯を白くすることができる場合があります。
しかし、2つのホワイトニングを併用しておこなうため費用は少し高くなります。

*ホワイトニングにより歯は白くなります。多くの方が満足していただける白さにはなりますが、中には芸能人が被せ物などにより意図的に不自然に真っ白にされているような白さを望まれている場合があります。しかしホワイトニングではそのような不自然な真っ白な色にすることはできません。

*ホワイトニングにより白くなった歯は時間の経過とともにまた色がついてきます。これを後戻りといいます。後戻りの程度は患者さまのもともとの歯の状態や食習慣、唾液の成分や量などによって個人差があります。

オフィスホワイトニングとホームホワイトニング治療前の注意事項

ホワイトニング効果が出ない場合

ホワイトニングの効果に関しては、病気や生まれつきなどの個人差によっても大きく違ってきます。また、被せ物やつめ物が多い人、歯の神経を抜いてしまった人、テトラサイクリンによって歯が変色してしまっている方、金属によって変色してしまっている方に関してはホワイトニングの効果を期待することが難しいです。また、歯のエナメル質が薄くなってしまい歯の黄ばみが目立つようになってしまった方や加齢により歯が黄色くなってしまっている方に関しては個人差や改善方法はありますが、ホワイトニングの効果を十分に期待できないことが多くなってしまいます。
費用などもかかってしまうので、まずホワイトニングをおこなうまえにホワイトニングの効果が十分に期待できる状態なのかを事前にご相談しましょう。

ホワイトニングの効果を下げてしまうこと

食後に、歯をしっかり磨かないとプラークが溜まってしまい、その後歯石へと変わってしまいます。その歯石が、口腔内にある状態でホワイトニングをおこなってもホワイトニングで使用する薬剤が歯に浸透しにくくなってしまいホワイトニングの効果を下げてしまいます。ホワイトニングをおこなう前には、普段からしっかり歯磨きをしておく必要があります。
しかし、歯磨き粉に含まれている研磨剤によって歯を傷つけてしまい、その傷から歯石になる可能性がありますので、ホワイトニングをおこなう前は研磨剤の含んでいない歯磨き粉でしっかり歯磨きをおこなっていくことをおススメします。また、普段の歯磨きでは取ることのできない汚れや歯石に関しては、歯科医院のクリーニングによって落としことができます。歯科医院のクリーニングをおこなうことで、口腔内に汚れがない状態でホワイトニングをおこなうことによって、薬剤が浸透しやすくなりよりホワイトニングの効果をより一層高めることができます。

ホワイトニングの治療自体を避けた方がいい方

無カタラーゼ症の方

無カタラーゼ症の方は、ホワイトニングの薬剤に含まれる過酸化水素を分解する酵素を持っていないため、万が一薬剤を飲み込んでしまったときに、薬剤に含まれる過酸化水素を分解することができないため、体内に蓄積されてしまいます。過酸化水素が分解されず体内に蓄積されることで、進行性口腔壊死などの危険な疾患を招いてしまうことがあるため、無カタラーゼ症の方はホワイトニングの治療はできません。

むし歯、歯周病の方

虫歯・歯周病の方

むし歯や歯周病の治療中の方に関しては、ホワイトニングの薬剤が治療中のむし歯や歯周病の患部に仮についてしまった場合、むし歯や歯周病の症状が現在よりもさらに悪化してしまう可能性があるため、避けるべきだと思われます。ただ、オフィスホワイトニングでは、歯科医や衛生士がおこなうためむし歯や歯周病の疾患部分を避けてホワイトニングをおこなうことも不可能ではありませんが、完治するまで避ける方が良いでしょう。

エナメル質形成不全・象牙質形成不全の方

エナメル質形成不全・象牙質形成不全の方

歯の発達が十分でない場合、薬剤の影響で歯の神経である歯髄が痛みます。

妊娠中の方

妊娠中の方

妊娠中のホワイトニングは基本的には、避けられています。歯のホワイトニングの薬剤は基本的に安全とはいえ、薬剤を使用するため避けた方よいと考えられています。現在までに妊婦中の方がホワイトニングをおこなって問題がでたという例はありませんが、妊娠中の方でもホワイトニングを安全におこなえる保証もないため、妊娠中であればホワイトニングはやはり避けた方が良いと考えられます。

入れ歯・差し歯など人工歯の方

入れ歯・差し歯など人工歯の方

ホワイトニングが天然の歯に効果があるため、入れ歯や差し歯など人工歯には効果がありません。セラミック、金属、プラスチックなどの入れ歯や差し歯を白くしたい場合は、新しく作り変えたり、クリーニングをしたりとホワイトニング以外の方法が必要になってきます。

オフィスホワイトニングとホームホワイトニング治療後の注意事項

ホワイトニングをおこなっても、ある程度期間が経つと色が戻ってきてしまいます。なるべく効果を持続するための注意事項をそれぞれのホワイトニングごとにご紹介します。

ホワイトニング治療直後の注意点について

食事や飲み物について

まず、1点目は、ホワイトニングは薬剤を使用して、歯の表面にある着色物質の色素を取り除き白くするため、ホワイトニング直後は歯のエナメル質を覆う薄い膜がはがれた状態になっているため、自然に再生するには、24時間程度必要です。そのため、膜が再生する24時間は飲食物に注意しなければなりません。
ホワイトニング直後、30分~1時間は飲食物を控えるべきです。特に、酸性の飲食物はエナメル質のカルシウムが溶けてしまい、歯の表面を荒らしてしまいます。
また、膜がはがれている状態では、歯に色素が付着しやすいため、膜が再生する24時間以内の間はカレーやコーヒー、紅茶などの色素の付きやすい飲食物は避けてください。

食事や飲み物以外について

食事や飲み物以外で注意するものは、ホワイトニング直後は喫煙も控えないといけません。タバコのヤニ(タール)は歯に着色しやすいため、ホワイトニング後24時間程度は喫煙を避ける必要があります。
また、口紅なども歯に付着する可能性があり、歯に付着してしまうと着色の原因になってしまいますので、直後は控えた方がよいでしょう。

歯がしみ出したら

ホワイトニング後は、膜がはがれている状態のため、ホワイトニングをおこなうまえよりもしみやすい状態になっています。膜が再生すれば、基本的にはしみるのも治まりますが、ひどくしみる場合は、知覚過敏用の薬剤を購入し使用していただく場合があります。フッ素ジェルを歯に塗ったり、鎮痛剤を服用することを検討するのも方法としてあります。しかし、しみがひどい場合は必ず使用を止めご相談ください。

ホワイトニングの費用

ホームホワイトニング

トレー(上顎・下顎 各) 8,800円
ジェル(約2週間分) 8,800円

※ジェルに関して、使用するジェルの量により使用期間は変わります。

オフィスホワイトニング

1回 11,000円
3回目まで 11,000円/回
4回目以降~半年以内 5,500円/回

デュアルホワイトニング

  • 1ホームホワイトニング

    2週間~4週間

  • 2オフィスホワイトニング

  • 3ホームホワイトニング

    1週間~2週間

  • 4オフィスホワイトニング

  • 5ホームホワイトニング

    1週間~2週間

  • 6オフィスホワイトニング

  • 7ホームホワイトニング

    ※後戻りの程度に従って適宜自宅で

デュアルホワイトニング
+ホームホワイトニング
33,000円+8,800円×2(上下顎)+8,800円×@(ジェル購入回数)

(例)ジェル4回購入の場合:33,000円+17,600円+35,200円=85,800円


*上顎だけホームホワイトニングを2週間:8,800円+8,800円=17,600円
*オフィスホワイトニングだけ3回:33,000円
など組み合わせ自由

*上記料金は税込